警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「天皇制いらないデモ」襲撃――右翼の暴行放置する警察

<<   作成日時 : 2016/12/14 17:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 右翼が市民団体のデモ参加者の車を破壊しているのに、目の前にいる機動隊は何もせず、逮捕もしない――。かねてから問題になっている警察のこうした「右翼野放し」が、11月20日に東京都武蔵野市で起きた。

 この日、JR吉祥寺駅近くの公園から出発した参加者約100人の「天皇制いらないデモ」に対し、警視庁は約700人もの機動隊員を動員。だがデモが出発した直後から解散地点に到達するまで1時間近く約40人の右翼がつきまとい、「殺せ」などと叫びながら、参加者に暴行を加え続けた。

 デモの主催側によると、宣伝カーのフロントガラスが破壊されたほか、宣伝カーのスピーカーのコードも切断。参加者が持参した4台の拡声器も破壊されたり奪われたりしたほか、さらにデモの先頭に掲げられていた横断幕も引きちぎられた。出血を伴うケガを負わせられた市民も、6人以上にのぼった。参加者によれば、デモ隊を取り囲むように警備していた機動隊は右翼を事実上野放し状態にし、本来なら現行犯で逮捕すべき暴行や傷害、器物破壊等をろくに制止もしなかったと証言している。

 これについて警視庁公安部は「現在捜査中なので、回答は差し控える」とコメントしているが、これまで天皇制に抗議するデモ隊を警察が大がかりな警備体制で取り囲みながら、右翼が襲撃するのを放置している例は多発している。

 典型的なのは、毎年8月15日に東京・靖国神社付近で行なわれるデモだ。宣伝カーや横断幕のみならず、参加者に対する右翼の暴力が常態化しているが、「暴行をふるった側の逮捕者が出たためしはない」(20日のデモ参加者)という。しかも現場では、私服の公安が右翼と談笑する光景もしばしば目撃されている。現在この国では、「反天皇制」を掲げるデモは、警察公認の右翼の暴力にさらされるのに甘んじなければいけないのか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「天皇制いらないデモ」襲撃――右翼の暴行放置する警察 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる