警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニューバランス」炎上!役員がトランプ氏支持表明でとばっちり…シューズに火

<<   作成日時 : 2016/11/14 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米大手スポーツメーカー「ニューバランス」の役員がドナルド・トランプ次期大統領(70)への支持を表明したため、全米で同社のシューズを燃やすなどの抗議運動が巻き起こっている。現地時間8日の大統領選でトランプ氏が勝利して以降、各地で抗議デモが続く中、とんだとばっちりを受けた形だ。また、トランプ氏と対立していた女性キャスターが著書で同氏の贈賄行為を暴露することも判明。「トランプ・ショック」の波及が止まらない。

 シューズのサイドに刻まれた「N」のマークで知られ、日本でも高い人気を誇るニューバランスが「トランプ・ショック」に見舞われている。

 発端は、トランプ氏が勝利した翌9日にウォール・ストリート・ジャーナル紙に掲載されたインタビュー記事。ニューバランスのマシュー・レブレットン副社長の「オバマ政権は私たちの意見に耳を貸さなかった。率直に言えば、トランプ政権になることで正しい方向に向かうと私たちは感じている」との発言が紹介されるや、大論争が巻き起こった。

 ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSで、ニューバランスのシューズに火を付ける映像や、シューズをゴミ箱に入れた画像などが次々とアップされ、急速に拡散。「ずっと買い続けてきたが、二度とゴメンだよ」などと不買を表明するコメントも相次いでいる。

 主力商品の米国内生産にこだわるニューバランスは、かねて環太平洋経済連携協定(TPP)への反対の姿勢を表明。トランプ氏もTPP反対を選挙戦で主要政策として掲げてきており、副社長は歓迎のコメントを出したとみられる。トランプ氏の勝利後、特定の企業が批判の標的になるのは初めてのケースだ。

 全米各地で起きているトランプ氏への抗議デモも収まる気配はない。同氏の勝利後初めての週末となった11日夜から12日にかけて、全米主要都市で大規模なデモが行われた。

 ニューヨークでは、子どもを含む数千人が中心部マンハッタンの広場から次期大統領の住むトランプタワーまで行進。先頭にいたドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーア氏(62)は面会を求めてタワー内への“侵入”には成功するも、エレベーター内で警備員に見つかった。それでも諦めきれないようで「ミスター・トランプ。私はここにいる。あなたと話がしたい」と記した置き手紙を託したという。

 ロサンゼルスでは過去最大規模の約1万人が参加。オレゴン州ポートランドでは、デモ参加者に向けて男が発砲し、男性1人が負傷する事件が発生した。

 ◆ニューバランス(New Balance)1906年、米ボストンで矯正靴メーカーとして誕生。70年代後半からランニングシューズブランドとしての地位を確立。デザイナーのラルフ・ローレン氏やアップル元CEOの故スティーブ・ジョブズ氏が愛用したことでも知られる。近年、野球やサッカー市場への参入も果たした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ニューバランス」炎上!役員がトランプ氏支持表明でとばっちり…シューズに火 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる