警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS IOC側が注文、横浜を有明と比較しうる状態に

<<   作成日時 : 2016/11/30 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2020年東京五輪・パラリンピックの3会場見直し問題で29日、4者のトップ級会合が行われ、東京都の小池百合子知事(64)が、有明アリーナか横浜アリーナかで揺れるバレーボール会場の結論をクリスマスまで先送りした。会議では大会組織委員会の森喜朗会長(79)と激しい論戦。国際オリンピック委員会(IOC)からも「立候補ファイル時にやるべきこと」と怒りを買った。

画像


 IOCが小池氏を厳しく追及した。クリストフ・デュビ五輪統括部長は横浜案の懸念について「五輪では全ての機能を会場内にとどめることはできない。会場外のスペースが限られている。動線、輸送、警備、人の流れ、これらを数週間で検討し、詳細な運営計画を出さなければならない」と解説した。

 さらに「会場がどのように機能するかを確かめ、民間、地主、役所など全ての合意が必要。(たとえ合意が取れても)その後、問題が生じて会場が使えないなんてことはあってはいけない。これは立候補ファイルでお願いしているようなことで、それを今やりなさいと言っているんです。大変な作業になる」と断じた。

 コーツ氏は、横浜を有明と比較しうるような状態にしないといけないとし、「大変野心的な目標だが、ベストを尽くさないといけない」と述べた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IOC側が注文、横浜を有明と比較しうる状態に 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる