警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 御殿場市街地の巡回強化 米海兵隊事件 防衛省、再発防止策

<<   作成日時 : 2016/11/03 07:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 御殿場市で9月、米海兵隊員の男(36)が民家から盗んだ乗用車を飲酒運転して物損事故を起こして逃走したとされる事件で、防衛省南関東防衛局は2日、同市で開かれた東富士演習場使用協定運用委員会拡大会議で、市街地の巡回警備体制の強化などの再発防止策を示し、地元関係者は了承した。さらに、地元側は関係機関の情報共有、伝達の徹底などを改めて求めた。

 東富士演習場を抱える同市、裾野市、小山町と演習場の地権者団体、県に、同局が再発防止策を説明した。事件が発生した9月17日は、米海兵隊の沖縄県道104号越え155ミリりゅう弾砲実弾射撃訓練(104訓練)の実施期間中だった。同局は治安対策の一環で、御殿場市内に現地対策本部を設けていたが、事件を把握できなかった。

 市などによると、事件を起こしたとされる男は104訓練の実施部隊員ではなく、米海兵隊第2師団第3大隊司令部所属で別の訓練のため同市のキャンプ富士に滞在していたという。ただ、同局はこの反省を踏まえ、104訓練期間中は民間業者に24時間体制の巡回警備を委託するほか、同局職員による巡回警備専従班も設けるという。104訓練の実施期間外も地元との連携を緊密に取り、情報伝達を速やかにするとした。

 一方、米側は隊員の外出自由行動時間を削減したほか、外出時の行動に関する再教育を行ったという。

 若林洋平御殿場市長は「再発防止の徹底が大前提だが、いざという時に情報をいかに共有できるかが大事。防衛省から再度、米側に迅速な情報提供を求めてほしい」と訴えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
御殿場市街地の巡回強化 米海兵隊事件 防衛省、再発防止策 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる