警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <米大統領選>NY「トランプタワー」 どんなところか

<<   作成日時 : 2016/11/01 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米大統領選で勝利を目指す共和党のドナルド・トランプ(70)、民主党のヒラリー・クリントン(69)両候補の選挙戦が佳境を迎えている。世論調査の結果からクリントン氏優位と報じる米メディアが大半を占めるが、予断を許さない状況だ。勝負が決する11月8日の投票日を前に、トランプ氏が築いた莫大(ばくだい)な富を象徴し、選挙活動の拠点となっているマンハッタンの「トランプタワー」を訪ねた。【ニューヨーク田中義郎】

 金色に輝く正面玄関前、一人の白人男性がトランプ氏の選挙スローガン「再び、米国を偉大な国に」と書かれたプラカードを掲げ、トランプ支持を訴えた。すると、別の白人男性が「トランプを潰せ」とやり返す。高級ブランド店が建ち並ぶ5番街の華やかな雰囲気は、そこにはない。

 高さ202メートルを誇るタワーは1983年に完成した。タワー内には「トランプ」ブランドの飲食店のほか、長女イバンカさん(35)の宝飾ブランド「イバンカ・トランプ」の店舗やトランプ氏のファミリー企業「トランプ・オーガニゼーション」の事務所がある。高層階の高級分譲アパートは、部屋によっては2300万ドル(約24億円)の価格が付けられ、トランプ氏は複数のフロアに住居を構えている。

 地下1階の選挙グッズ売り場には帽子やTシャツが並び、多くの人でにぎわっていた。胸に「TRUMP」とプリントされたTシャツを身につけ、ビル内を歩くトランプ支持者の姿も少なくない。

 トランプ氏の選挙スローガンが記された帽子を身につけ、フロリダ州から来た白人男性のピーター・ギルクライストさん(35)は「トランプ氏はビジネスで成功した。トランプ氏なら米国を豊かにし、世界中を変えてくれる」と語り、「タワーのスタッフに『トランプ氏はきょう、ビル内にいない』と言われたよ」と残念がった。

 これまでタワー前では度々、トランプ氏に抗議する集会が開かれてきたため、厳重な警備態勢が敷かれている。ニューヨーク市警の車両が待機し、約50カ所とされる出入り口では複数の警官が目を光らせる。一般客も多く出入りする5番街に面した出入り口では、手荷物検査が実施され、検査の順番を待つ人で長蛇の列ができていた。

 かつては映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏が住んだことでも知られ、きらびやかなセレブの世界が広がるタワーは今、大統領選一色に染まっている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<米大統領選>NY「トランプタワー」 どんなところか 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる