警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 491→300億円「海の森」整備費圧縮できる

<<   作成日時 : 2016/10/19 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京都は18日、20年東京五輪のボート、カヌー会場である「海の森水上競技場」の整備費を現行計画の491億円から300億円程度まで圧縮できるとの試算を明らかにした。

 都五輪・パラリンピック準備局によると、国際ボート連盟などとの協議により、約60億円を計上していたテレビ撮影で利用する恒久桟橋の建設を取りやめることができる可能性が出てきたことや、屋根付き観客席の簡易化、艇庫や植栽の規模縮小などで大幅減額が可能になるという。工事中の24時間体制の警備費約20億円、追加工事分として確保していた約90億円も全て使わなくてもよい見通しができたことも減額の要因となった。

 見直し候補地となっている宮城県登米市の長沼ボート場は、同県の試算では150億〜200億円で整備できるとしている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
491→300億円「海の森」整備費圧縮できる 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる