警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS G7神戸保健大臣会合の警備にドローン導入

<<   作成日時 : 2016/09/10 07:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11、12日に神戸・ポートアイランドで開かれるG7神戸保健大臣会合で、兵庫県警は会場周辺の異変を上空からチェックするため、カメラを搭載した無人航空機「ドローン」2機を配備して警戒に当たる。撮影した映像は県警本部(神戸市中央区)などのモニターで同時に確認でき、不測の事態に素早く対応する。県警が警戒や警備を目的にドローンを活用するのは初めて。

 期間中は地上からの不審者侵入に備え、ポーアイにつながる神戸大橋や港島トンネルで24時間態勢の検問を実施。ドローンは上空から広い視野で状況を把握するのが狙いで、主会場となる神戸ポートピアホテル周辺に配備する。

 導入する機体は別のドローンを捕獲する機能も備えており、不審なドローンが飛行していれば、撮影用から切り替えて対応する。操縦は、訓練を積んだ装備課員や機動隊員が担当する。

 県警は会合の警備対策として本年度当初予算に約1億5千万円を計上し、うち約900万円で2機を購入した。県警幹部は「会合では空の脅威も想定される。万が一に備え、警備に万全を尽くす」としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
G7神戸保健大臣会合の警備にドローン導入 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる