警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸川五輪相が湾岸視察「海上警備も大きなテーマだ」

<<   作成日時 : 2016/09/21 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

丸川珠代五輪相が21日、20年東京五輪時の交通、物流、警備状況を想定し、東京港エリアを視察した。土壌汚染問題で豊洲市場への移転が延期され、築地市場跡地に整備予定の都道「環状2号線」の建設遅れが見込まれる状況に、「都がどのように判断するかによるが、道路は1本ではない。どこにどれぐらい回せるか、これから詰めること」と話し、万が一、道路が整備されなかった場合も想定した。

 午後2時ごろから視察を開始。上空から湾岸エリアと新国立競技場予定地や両国国技館などを見た。その後、491億円の高額整備費や海水・海風問題を抱える海の森水上競技場(カヌー、ボート会場)予定地を視察。さらにコンテナ発着場所、ゆりかもめ「有明テニスの森駅−市場前駅」間を乗車し、最後は警視庁の警備艇で海からの警備事情を確認し、約3時間に及んだ。

 視察を終え「リオと違って東京は経済活動の規模が大きい。経済の大動脈が湾岸にある。迂回(うかい)ルート、新しいルートなどの確認をした」と述べた。また、競技会場の70%が海に面しているといい「海上警備も大きなテーマだ」と課題を挙げた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丸川五輪相が湾岸視察「海上警備も大きなテーマだ」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる