警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 米・NY爆発 現場近くでは、広範囲に規制線が敷かれた状態続く

<<   作成日時 : 2016/09/18 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカ・ニューヨークのマンハッタンで、日本時間18日午前、爆発があり、現場近くでは、不審物も見つかった。
さらに同じ日には、隣の州で爆発事件が起きたばかりで、現地当局が、関連も含め、調べを進めている。
爆発は、フラットアイアンビル近くの道路から、1ブロックほど離れた場所で起きた。
爆発から8時間余りたった、日本時間18日午後5時半すぎ現在も、かなり広い範囲で、規制線が敷かれている。
このあたりは、チェルシー地区といって、ギャラリーやレストランが立ち並ぶ、若者に人気の街。
土曜日の夜ということもあり、現場周辺には、たくさんの若者が集まっていた。
話を聞いた、近くのレストランにいた人は、「銃声のような、大きな爆発だった」と話していた。
これまでに、日本人が爆発に巻き込まれたという情報は入っていない。
日本総領事館は、知り合いで被害に遭った人がいないか、情報提供を呼びかけている。
今回の爆発については、これまでのところ、「テロとの関係は不明」とされている。
しかし、ニューヨークの市長は、「意図的に起こされた爆発だ」とも明言していて、一刻も早い全容解明が待たれる。
週明けからは、国連総会で、各国首脳がニューヨークに集まるタイミングだが、現地の警備は、どのような状況なのか。
安倍首相やオバマ大統領も、ニューヨーク入りするとあって、記者が感じたところでは、このところ、厳戒な警備態勢が敷かれていた。
ただ、今回の爆発を受けて、さらに厳しい警戒態勢が敷かれることになるとみられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米・NY爆発 現場近くでは、広範囲に規制線が敷かれた状態続く 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる