警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 19世紀に消えた北極探検船テラー号ついに発見、大部分が無傷

<<   作成日時 : 2016/09/16 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

“世紀の大惨事”フランクリン隊のもう1隻、謎解明に一歩前進
 ジョア・ヘブンというイヌイットの集落が、カナダ北極圏史上最大ともいえる歴史的発見を祝っている。この村のイヌイットのハンターによる情報から、168年前に行方がわからなくなっていた英国フランクリン探検隊の船、H.M.S.テラー号が発見されたのだ。実際に発見したのは、カナダ北極圏の科学研究活動を支援する北極研究財団(Arctic Research Foundation)という非営利団体の探検家たちだ。

良好な状態がわかる別の写真

 この探検船の最期をずっと調べてきた研究者たちにとって、これは大きな発見だ。「何度もハイタッチをしたり、抱き合って喜んだりしました」と話すのは、財団のCEOで今回の調査の指揮を執るアドリアン・シムノウスキー氏だ。「大いに調査に協力してくれたイヌイットの人々とこの発見をよろこびあっているところです」

 テラー号を率いていたのは、19世紀の英国海軍の英雄であり、北極探検家だったサー・ジョン・フランクリンだ。フランクリンは、129名の乗組員とH.M.S.エレバス号、H.M.S.テラー号という当時最新鋭の2隻の船を率いて1845年に英国を出発した。どちらの船も船首は鉄で保護されており、客室には暖房が、図書室にはチャールズ・ディケンズの小説があり、3年分の食料も積まれていた。探検の目的は、ヨーロッパから北極海を経由して太平洋に至る北西航路を発見し、その海図を作成することだった。少なくとも机上においては、北極で待ち構えているあらゆる困難に耐えられる準備ができているはずだった。

 しかし、1847年6月、計画にほころびが生じ始める。おそらく心臓の疾患が原因でフランクリンが死に、ほかにも23名の乗組員が死んだ。10カ月後、後任の隊長となっていたフランシス・クロージャーは重大な決断を下す。キング・ウィリアム島の石の塚に残されていた記録によると、氷に閉じこめられて身動きが取れなくなった2隻の船を放棄し、カナダ本土にある交易所に向かうことにした。しかし、誰一人としてそこにたどり着くことはできず、以来フランクリン隊がどうなったのかは謎のままだ。

 2年前、カナダの国立公園を管理するパークス・カナダの考古学者たちがキング・ウィリアム島の南、水深11メートルほどの場所に沈んでいたエレバス号を発見した。その後、エレバス号の残骸をもとに、カナダの海軍や沿岸警備隊、北極研究財団の協力のもと、テラー号の捜索が行われていた。

木の柱が氷から生えていた
 9月2日、イヌイットのハンターでカナダ軍北極部隊の一員でもあるサミー・コグビク氏がこの捜索に加わった。その途中、コグビク氏は7年前にキング・ウィリアム島のテラー湾であるものを発見したことをシムノウスキー氏らに話した。それは氷から生えていた木製の柱だった。木が育たない北極圏では実に奇妙な光景だったという。

 コグビク氏と同僚のハンターたちは柱を調べて写真を撮ったが、ポケットに入れておいたカメラはなくしてしまった。もう一度写真を撮ろうと引き返したときには、すでに柱は波の下に消えていた。

「証拠がなかったので、サミーは7年間黙っていたのです」とシムノウスキー氏は言う。話を聞いた一行は、その場所に向かうことにした。

「テラー湾は未知の場所でしたが、道を見つけて、湾で探しはじめてからちょうど2時間半で発見できました」とシムノウスキー氏は記している。テラー号は長い間丸見えの状態だったようだ。「船は水深21〜24メートルの場所にありましたが、長いマストは150年間水の外に出ていた可能性があります」

 確かなことは、テラー号の保存状態は良好ということだ。遠隔操作可能な無人潜水機(ROV)を使ってデッキやガラスの船窓をのぞいてみたところ、テーブルや缶詰の食料、ワインボトル、船鐘などが確認できた。かつて船長がそばで指揮を執った舵は、海藻などに覆われていた。

 ROVでの調査から、厳しい北極の冬を越すために乗員たちが船を密閉するなどの対策を取っていた可能性があるとシムノウスキー氏は考えている。「すべてはそのままの状態です」。しかし、どこかの時点で、「乗員たちはテラー号から物資を運び出し、エレバス号に移ったようです」

 なぜこのような選択がされたのかはわかっていない。しかし、さらに調査が進めば謎を解く手がかりが得られるだろう。「次は考古学的な調査を行う予定です。そうすれば、細かいことまで明らかになるでしょう」

 カナダ、オンタリオ州ウォータールー大学の考古学者、ロバート・パーク氏によれば、イヌイットの口頭伝承でも、テラー湾の近くで探検隊の野営地やテント、たくさんの死体や墓が目撃されたことが伝えられている。テラー号が発見される前の2016年初夏、パーク氏はヌナブト準州政府の考古学者ダグラス・ステントン氏とともにテラー湾近くで予備調査を行った。

「今のところ、幸運には恵まれていません」とパーク氏は言う。墓は水に流されたと話す年配のイヌイットもおり、探検隊の痕跡がなくなっている可能性もある。

 これ以上は何も発見できなくても、フランクリン隊の長い捜索は、忍耐強さや根気よさには価値があることを示す具体的な教訓だ。シムノウスキー氏のような研究者にとっては、今夏の発見は世紀の大発見になるだろう。そうであっても、フランクリン隊の謎が明らかになる日はまだ遠いのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
19世紀に消えた北極探検船テラー号ついに発見、大部分が無傷 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる