警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS リオ五輪バス襲撃、「投石」と警備責任者が発表 銃撃だったと反論も

<<   作成日時 : 2016/08/11 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【AFP=時事】(更新)リオデジャネイロ五輪で起きた報道バス襲撃事件について、五輪の警備担当責任者は10日、投石による「破壊行為」だったと発表した。しかしながら搭乗者は、バスが銃撃を受けたと反論している。

 ルイス・フェルナンド・コレア(Luiz Fernando Correa)氏は記者会見で、「投げられた石が、バスの窓の金属部分に当たった」と説明。事件を受け、経路の警備を強化していることを明らかにした。

 9日の事件では、バスの窓ガラスが何者かによって割られ、乗っていた3人が軽傷を負った。

 コレア氏は、「投てき物がバスに届く範囲内を立ち入り禁止にするのは不可能だ」と述べ、警備態勢の不備を否定。「誰かを負傷させる目的の犯罪行為ではなく、破壊行為だったと考えている」と述べた。

 しかしながらこれに対し、バスに乗っていたバスケットボール記者のリー・ミケルソン(Lee Michaelson)さんは、「パン、パン」という銃声が聞こえたと、投石に対し異論を唱えた。

 ミケルソンさんは記者団に対し、「立て続けにパン、パン」という音を耳にしたと明かした。

 空軍の元大尉で、銃器関連の事件を担当する弁護士でもあったミケルソンさんは、スピードを出して走っているバスの、同じ高さにある2つの窓に石をぶつけられる可能性は低いと付け加えた。【翻訳編集】 AFPBB News

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リオ五輪バス襲撃、「投石」と警備責任者が発表 銃撃だったと反論も 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる