警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 本番さながらに開会式リハーサル パナソニックの最新鋭機器で演出 周辺に花火の音鳴り響く/リオ五輪

<<   作成日時 : 2016/08/01 20:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【リオデジャネイロ=佐々木正明】8月5日のリオデジャネイロ五輪の開会式まであと5日となった7月31日夜(日本時間8月1日朝)、会場のマラカナン競技場で大規模リハーサルが行われた。組織委員会はパナソニックと、開会式と閉会式に関するパートナー契約をしており、競技場に設置された同社の最新鋭の映像音響機器を使った演出が披露されたもようだ。

 テロを警戒する治安当局は競技場周辺の道路を封鎖。厳重な警備が敷かれる中、現地時間午後4時(日本時間翌午前4時)すぎから、今日のリハーサルを見ることが許可された式典の出演者の家族らが中に入った。

 観客らによると、リハーサルは約4時間にわたり行われ、地球環境の大切さを訴えたり、ブラジルらしいサンバの演出もあった。詳しい内容については口外しないよう、当局から要請があったという。スタジアムの外周では花火がなり、周辺に音が鳴り響いた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本番さながらに開会式リハーサル パナソニックの最新鋭機器で演出 周辺に花火の音鳴り響く/リオ五輪 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる