警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マラソン】伊藤、強盗怖くて試走断念!監督「危ない」

<<   作成日時 : 2016/08/01 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リオデジャネイロ五輪女子マラソン(日本時間8月14日午後9時半号砲)に出場する伊藤舞(32)=大塚製薬=が、現地リオで懸念される強盗被害のリスク回避にマラソンコースの下見の断念を検討していることが31日、分かった。成田空港から直前合宿地の米国に向けて出発した際に明かした。犯罪多発地域でもあるレース終盤のセントロ地区周辺を最も警戒。粘りの走りで終盤に強さを発揮する伊藤にとっては“マイった”状況だ。

 伊藤は自分の足の裏でコースを感じることなく、本番を迎えるかもしれない。「強盗に遭ったらどうしようもない。銃弾をよける俊敏さもないので走って逃げます」。随行する所属の河野匡監督は昨年末に事前に下見した際「危ないなという感じだった」という。自転車でコースを回り、終盤のセントロ地区を犯罪多発地帯と知らずに走っていた事実を後で知った。

 コースはマラカナン地区のカーニバル会場・サンボドロモが発着点。市街地を抜けリオ市東部の海岸沿いを周回するが、終盤のセントロ地区周辺のコースが変更になる可能性ある。在リオ日本国総領事館も邦人が強盗被害に遭う危険な地区として指定し「週末、夜間の旅行者の被害が多発している」など注意を呼びかけている。

 河野監督は車での下見案を明かしたが、最悪の場合はセントロ地区だけ下見せずに、ぶっつけ本番になる。伊藤は「どうせコースも覚えられない」と気にしないが、河野監督は伊藤が「後半勝負型」のため下見不足を懸念。「気温が暑くなる後半が勝負どころ。そこで仕掛けないと上位は見えてこない」と苦い顔だ。

 直前合宿の米国から8月6日にリオ入りした後、市街地には出ずに軍隊が警備する公式練習場やサブトラックで調整を積む。盗難防止に五輪仕様の本番シューズは手荷物のリュックに詰め込んだ。伊藤は「自分の力を出し切るのが目標」と意気込んだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【マラソン】伊藤、強盗怖くて試走断念!監督「危ない」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる