警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 競泳会場で危険物騒動…所有者不明リュック

<<   作成日時 : 2016/08/04 06:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 リオデジャネイロ五輪の競泳会場で2日、危険物騒動があった。午後4時前に観客席で所有者不明のリュックサックが見つかり、会場周辺は一時騒然となった。すぐに危険物処理班が呼ばれ、中を確認したところ電気系統の工具が見つかった。調べた結果、危険物ではなかったことが判明した。

 その間、施設内にいた者は退去し、選手は隣の練習プールに避難した。午後7時にはゲートが封鎖された。報道陣、ボランティア、清掃員など、100人を超える関係者が外で待機させられた。安全が確認された午後8時半にゲートが開かれ、本番プールでの練習が再開された。午後8時前には池江、金藤ら日本代表がバスに乗って到着。封鎖中も隣接する練習プールで日本代表らが調整を続けたことについて、会場の広報担当者は「警備の規則上では、練習プールは安全とされている」と説明した。

 また、リオデジャネイロの国内線空港近くにある路面電車の駅では、路面電車内から不審な袋が見つかり爆発物との疑いから電車の運行が一時停止され、警察が出動する騒ぎになった。地元メディアによると、航空機の運航に影響はなかった。リオでは先月以降、こうした不審物騒ぎが相次いでいる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
競泳会場で危険物騒動…所有者不明リュック 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる