警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <米警官狙撃>爆破ロボットで容疑者殺害

<<   作成日時 : 2016/07/09 23:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【ニューヨーク國枝すみれ】米南部テキサス州ダラスで起きた警官狙撃事件で、警察は8日未明(日本時間同日午後)、容疑者が立てこもっている駐車場に爆弾を装着したロボットを送り込んで爆発させ、殺害した。人質立てこもり事件が頻発する米国で、突入した警官が容疑者を射殺することはあるが、ロボットを使って殺害した例は初めてとみられ、論議を呼びそうだ。

【写真で見る】爆弾運ぶロボット 遠隔操作で爆殺

 ローリングス市長は8日の記者会見で、「長い間交渉し、投降する選択も与えた。だが彼は駐車場に残ることを選んだ」と説明。ダラス市警のブラウン署長も「選択の余地はなかった。(ロボットを)使わなければ、警官の命を危険にさらすことになった」と強調した。

 殺害時、マイカ・ジョンソン容疑者(25)はライフルと拳銃で武装していた。同容疑者の狙撃で5人の警官が死亡した。

 ロイター通信によれば、使用されたのは、軍事会社ノースロップ・グラマンの子会社が製作したロボットで、通常は爆発物処理などで使われている。

 USAトゥデーによれば、ロボットは全米の捜査現場に広く導入されている。当初は人が近づけない危険な現場で、不審物を調査したり、爆発物を処理したりするために使われていた。最近では人質立てこもり事件で使用されるケースも出てきた。360度見渡せるカメラを装着し、インターコムで会話もでき、ドアを開けることもできるようになったためとみられる。アリゾナ州では強烈な光と音を発する器具を装着したロボットが使用された例があるという。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<米警官狙撃>爆破ロボットで容疑者殺害 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる