警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 強盗に遭っている人は見捨てろ!?五輪開催地リオは「最悪」の状況。

<<   作成日時 : 2016/07/25 18:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ここまでいろいろあるのも、いやありすぎるのは初めてじゃないですか」

 さるコーチから聞いた言葉は、すべてを物語っているようでもあった。

 それほど、リオデジャネイロ五輪は、数々の問題がクローズアップされ、解決しないまま、開幕を迎えようとしている。

 そもそもは、開催準備の遅れが深刻であることが、問題とされていた。

 2014年4月、国際オリンピック委員会のジョン・コーツ副会長が準備状況を「これまで経験してきた中で最悪」と評した(CNNによる)。コーツ氏は40年近くにわたり、オリンピックにかかわってきた人でもある。

 事実、自転車競技会場の完成が6月の終わりにずれこみ、重要な交通機関となる地下鉄の開通がぎりぎりになる見込みであることなど、準備の遅れは続いている。

 衛生面への懸念も浮上した。広く知られることになった「ジカ熱」をはじめ、セーリング会場の水質汚染が問題視されるなどした。また、6月22日には、豚インフルエンザによる今年1月からの死者が1003人となったと発表されたことで、新たな不安が生まれた。

観光客用の医療機関を武装集団が襲撃し、死者が発生。
 さらに、治安の面もクローズアップされている。犯罪発生率の高さ、窃盗などではなく強盗など重い犯罪が多いことが指摘されていたが、選手にも被害が出ている。

 5月にはリオで合宿を行なっていたスペインのセーリング五輪代表の選手やスタッフ3名が銃を突きつけられてバッグやカメラなどを奪われる強盗被害に遭った。6月にはオーストラリアのパラリンピック・セーリング代表選手とスタッフがやはり銃を突きつけられ自転車を奪われている。いずれも、危ないとされるエリアに足を踏み入れたわけではなかった。

 やはり6月には、オリンピックの開催期間中、観光客などのための救急医療機関に指定されている病院が武装集団に襲撃され、患者に死者が出て、看護師らが負傷した事件も起きている。

北京やソチは力ずくでも抑え込むと言われたが……。
 オリンピックは開催のたびに、治安を含め、いろいろと問題が取り沙汰されることはあった。2008年の北京五輪では、チベット問題から派生する抗議活動などが懸念されたほか、大気汚染も俎上にあがった。2014年のソチ五輪では、開幕を前にテロが相次ぎ、治安部隊と武装集団の銃撃戦が起こるなどした。

 ただ、それらと様相は異なると、ある旅行代理店のスタッフは語る。

 「北京やソチも、治安面でクローズアップされはしましたが、正直、実はそこまで深刻に心配になることはなかった。どちらの国も、いざとなったら、力ずくでも問題が起きないように抑え込むだろうと思われていましたから」

JOCが「日本選手団安全管理マニュアル」を配布。
 対するリオ。7月に警察官や消防士が「WELCOME TO HELL」(地獄へようこそ)と記した横断幕をリオの国際空港で掲げ、給料未払いへの抗議活動が行なわれた。その事実からしても、警備すべき側への不安も浮かび上がらざるを得ない。

 こうした状況を受けて、日本オリンピック委員会(JOC)は、各競技団体に「日本選手団安全管理マニュアル」を配布した。防犯対策、強盗に遭遇したときの対処の仕方などが記されたもので、スマートフォン、カメラを公共の場でうかつに使用しない、強盗に遭遇したら急な動作をしない、抵抗しない、他人が襲われているのを見てもむやみに助けようとしない、など細かく説明されている。過去にここまでしたことはないという。

「今回は親に観に来ないようにお願いしました」
 今大会の状況を表す事柄として、選手の両親などが現地入りを回避するケースが相次いでいることもあげられる。

 過去の大会に比べ、費用が高額であることもあるが、それ以上に、治安などの面が理由である場合も多い。

 ある競泳の選手はこう語る。

 「今回は親に観に来ないようにお願いしました。もし来ていると、自分も心配で競技に集中できなくなるので。次の大会(2020年の東京五輪)で見せてあげるから、と説得しました」

 柔道男子60kg級の高藤直寿も「危ないと聞いたので」と長男のブラジル行きをあきらめたことを壮行会で明らかにしている。そのほかにも、応援に来ないように親族関係にお願いした選手は少なからずいる。

リオが明らかにした“7年後を見通す難しさ”。
 それもまた、これまでのオリンピックと異なる、リオを取り巻く緊迫感を示している。

 開催期間中、警備人員を増強するなど、大会運営側も改善を試みてはいる。

 それが功を奏し、あらゆる不安のすべてが杞憂に終われば、それにこしたことはない。

 今、オリンピックは、開催の年の7年前に開催都市が決められる。

 7年後を見通すことの難しさを物語っている。また、招致活動時に並べられるセールスポイントがいかに現実とずれていくかを示している。

 それはリオデジャネイロに限ったことではない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強盗に遭っている人は見捨てろ!?五輪開催地リオは「最悪」の状況。 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる