警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS リオ五輪「準備は万全」=最高警備責任者インタビュー―ブラジル〔五輪〕

<<   作成日時 : 2016/07/24 14:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【リオデジャネイロ時事】来月5日に開幕するブラジル・リオデジャネイロ五輪で、リオデジャネイロ州の最高警備責任者を務めるジョゼ・ベルトラメ公安局長が22日、日本メディアとして初めて時事通信のインタビューに応じた。五輪中のテロ計画が発覚し、国内外に動揺が走る中、「準備は万全。警備計画に変更はない」と強調。2014年サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の成功などを例に挙げ、「州は中南米で最も豊かな大規模イベント警備の経験がある」と成功に自信を示した。

 21日にはブラジル人10人の逮捕につながるテロ計画が発覚。ベルトラメ氏は、五輪を標的とするテロの脅威について、海外から50人の専門家を駐在させ、盗聴などを通じた情報の監視や分析を続けていると強調し、テロ計画の摘発は「われわれがわずかな情報も見逃さないと国内外に示せた」と語った。

 一方で、トラックが凶器となったフランス・ニースのテロや、過激派組織に所属せず単独で犯行に及ぶ「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型のテロへの対応の難しさも指摘。「いかなる国もテロの完全防止は難しい」としながらも、海外情報機関と連携し「できる限りの手を尽くす」と語った。

 ベルトラメ氏は、スラム街に警察部隊を駐在させる対策を推進し、リオ州の治安を劇的に改善させた実績を持つ。リオ五輪の観戦客を狙った強盗やひったくりなどの一般犯罪にも、最新技術を使った上空からのカメラ監視などに加え、「軍と警察、情報機関が組織の壁を越え、治安確保に全力を挙げる」と強調。「われわれは治安の分野で『金メダル』を取ってみせる」と意気込んだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リオ五輪「準備は万全」=最高警備責任者インタビュー―ブラジル〔五輪〕 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる